阪神北ぐるっとおでかけ
HANSHINKITA TOURISM GUIDE
阪神北ツーリズムガイド
伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町

HOMEへ

交通アクセス情報  リンク  お問い合わせ 


Monthly Selection4月
ローカル電車でごとごと。能勢電鉄の車窓から
「川西能勢口」 「鼓滝」 「多田」 「平野」 「一の鳥居」
「畦野」 「山下」 「妙見口」 「日生中央」

「川西能勢口(かわにしのせぐち)」

「川西能勢口駅」は、能勢電鉄と阪急宝塚線を結ぶ主要駅。ここから能勢電鉄の旅は始まります。この駅を降りると、周辺には様々な遺跡が点在しています。駅から出て北西に進むと、『栄根寺廃寺遺跡公園』があります。ここは奈良時代に創建された栄根寺廃寺があった場所です。さらに北に行くと、全長約40mの前方後円墳『勝福寺古墳』が姿を見せます。
また、駅の南には、弥生時代の大規模な集落遺跡『加茂遺跡』があり、すぐ近くの『川西市文化財資料館』では、この加茂遺跡をはじめ、市内で出土した遺跡の出土品が展示されています。

栄根寺廃寺遺跡公園 施設情報
勝福寺古墳 施設情報
加茂遺跡 施設情報
川西市文化財資料館 施設情報

「絹延橋(きぬのべばし)」

駅付近はかつて機(はた)織りや多色染めなどで栄えた土地と伝えられており、絹延という名前は、猪名川の清流で洗った絹を河原に延べて干していたことから付いた、など諸説があります。

「滝山(たきやま)」

駅の近くには川西市文化会館や中央公民館などがあり、市民の文化や交流の場となっています。

「鶯の森(うぐいすのもり)」

鶯など野鳥が見られる美しい土地だったことから、この名がつけられたとか。


「鼓滝(つづみがたき)」-

西行法師の歌碑江戸時代に、各地の名所旧跡を紹介した『摂津名所図会』には、猪名川の水が岩に砕けて流れる「鼓ケ滝」が描かれています。有名な歌人・西行法師もこの滝の見事さに心を打たれ、歌を詠んだという伝説があります。この歌は駅近くの歌碑に刻まれ、かつての川西の風景を今に伝えています。
西行法師の歌碑 施設情報

「多田(ただ)」

多田神社駅周辺の新田地区は、清和源氏の祖・源満仲公によって開墾されました。この地にある『多田神社』は、満仲公をはじめとする源氏の武将を祀る神社で、清和源氏発祥の地です。いにしえのロマンを求めて、今も神社への参拝客は絶えません。
多田神社 施設情報

「平野(ひらの)」

三ツ矢記念館この地には、古くから鉱泉が湧き、江戸時代には有馬湯、一庫湯とともに摂津三湯の一つに数えられる「平野湯」がありました。この地から湧き出る水を利用してできたのが、有名な「三ツ矢サイダー」。駅から5分の『多太神社』はかつて「平野明神」と呼ばれていました。現在も平野・多田の地を守る神様として信仰を集めています。
多太神社 施設情報
三ツ矢記念館 施設情報

「一の鳥居(いちのとりい)」

大阪青山歴史文学博物館阪神・淡路大震災によって全壊してしまいましたが、かつてここには能勢妙見宮の参道の入り口であることを示す、最初の鳥居が立っていました。1913年(大正2年)の開通直後は川西能勢口からこの駅までしかなく、妙見山への参拝客はここから乗り合いバスや徒歩で向かったそうです。
駅の東側を見ると、城郭風の建物が視界に飛び込んできます。これは大阪青山短期大学の付属施設『大阪青山歴史文学博物館』です。「土佐日記」や「明月記」など約4000点もの貴重な文化財が収蔵・展示されています。

大阪青山歴史文学博物館 施設情報


「畦野(うねの)」

頼光寺この駅が完成したのは1923年(大正12年)。一の鳥居駅〜妙見口駅間の開通にあわせて誕生しました。当時は現在の位置より南東の国道173号線沿いにありましたが、1974年(昭和49年)の一の鳥居駅複線化に伴い、畦野駅も移動しました。 駅を降りて北西に約500m、能勢電鉄の高架をくぐると、『頼光寺』へ向かう階段が見えてきます。源頼光の弟にあたる源賢僧都が建立したというこの寺は、別名「あじさい寺」とも呼ばれています。夏が近づくと境内は青やピンク、紫など500株ものアジサイがしっとりと咲き誇ります。
頼光寺 施設情報

「山下(やました)」

川西市郷土館安土・桃山時代に塩川氏の居城、山下城(一庫城・龍尾城)があった地区です。豊臣秀吉に攻め落とされ、今ではその姿を見ることができません。一方、昭和初期まで多田銀銅山の製錬所がこの地で操業していました。この大正期の伝統的民家である旧平安邸は『川西市郷土館』に姿を変え、鉱山資料や箸コレクションなどを展示しています。
川西市郷土館 施設情報

「笹部(ささべ)」

能勢電鉄の中でも最も小さな駅です。

「光風台(こうふうだい)」

光風台や新光風台など、新興住宅地があります。

「ときわ台(ときわだい)」

ときわ台や東ときわ台など、新興住宅地があります。


「妙見口(みょうけんぐち)」

妙見山能勢電鉄妙見線の終着駅。能勢妙見山に参拝するには、ここからケーブルカーとリフトに乗ります。延長666m、高低差229mを5分で結ぶ妙見の森ケーブルは、車窓からアジサイや桜など美しい季節の花々が望めます。終着の山上駅にはバーベキューが楽しめる「妙見の森バーベキューテラス」や「妙見の森ふれあい広場」などが。ここから一人乗りの妙見の森リフトに乗り継ぎ、約10分。関西の霊場として名高い「能勢妙見宮」へと到着します。妙見山は大阪府と兵庫県の県境にそびえているため、ここまで来るともう大阪府豊能郡能勢町となっています。
妙見山 施設情報

「日生中央(にっせいちゅうおう)」

彫刻の道山下駅から、線路は妙見線と日生線に分かれます。日生中央駅は猪名川町のニュータウンへの入口。日生ニュータウンや猪名川パークタウン、つつじが丘などの住宅地への玄関口としての機能を果たしています。駅のすぐ目の前には『猪名川町B&G海洋センター』があります。また、日生中央駅から松尾台を通って猪名川町役場へと続く道には、ユーモラスな石の彫刻が点在する『彫刻の道』となっています。猪名川町のもうひとつの石といえば『屏風岩』。日生中央駅から阪急バスに乗って「杉生行」「柏原行」の「屏風岩」下車。

猪名川町B&G海洋センター 施設情報
彫刻の道 施設情報
屏風岩 施設情報



1913年(大正2年)4月、能勢電鉄の前身となる能勢電気軌道が開通しました。能勢妙見山の参拝客と、炭、寒天などの産物、平野鉱泉や精錬所への貨物運送を目的に設立されました。路線は妙見線(川西能勢口〜妙見口間)の12.2kmと、日生線(山下〜日生中央間)2.6km。市民の通勤や通学の足として親しまれていますが、各駅からは源氏ゆかりの地や考古学ファン必見の遺跡など、様々な観光名所を訪ねることができます。たまには各駅停車でのんびり、気の向くままに途中下車などいかがでしょうか?



Copyright(C)2004 Hanshinkitakenminkyoku. All Rights Reserved.